withゴマちゃんon沖縄

里親として見事な富士額が特徴のゴマちゃんを迎え入れました。ゴマちゃんの成長や生活を記していきます。取得する「キャットケアスペシャリスト」と「キャットシッター」の猫専門資格と共に、ゴマちゃんと今後どんなドラマが待ち受けているでしょう!

神秘!浜比嘉島ウォーキング


今日の沖縄市は午前中から日差しが強くガンガン気温が上がっています。昨夜の天気予報では沖縄の最高気温が34℃となっていましたが予報があたりそうですね。さて、昨日はゴマちゃんに留守番を頼んで予定通り浜比嘉島をウォーキングしました!浜比嘉島の名所を巡る観光ウォーキングになりました。



うるま市の海中道路まで車で行き浜比嘉大橋のたもとにある駐車場に停めました。そこから浜比嘉島を目指して橋を渡り始めウォーキングのスタートです!前方に見える島が浜比嘉島で今まで私は何度も訪れましたがウォーキングでの島巡りは初めてでウキウキしながら1430メートルの浜比嘉大橋を渡りました。



浜比嘉大橋を渡りきり浜比嘉島に上陸するとT字路になっています。左は島の東側の比嘉集落で右は島の西側の浜集落です。そう!浜と比嘉を合わせて浜比嘉島なのです!



比嘉集落をウォーキングで進むと「アマミチューの墓」があります。琉球を開いたとされるアマミチューとシルミチューの男女二神が祀られる墓島です。浜比嘉島それ自体がパワースポットの島ですが、このアマミチューの墓からは物凄いパワーを感じます!



さらに島の南側を突き進むと「シルミチュー」と呼ばれる神秘の洞窟があります。森の中に鳥居で繋がれた108段の階段があり、階段を登ると琉球を開いたアマミチューとシルミチューが暮らしたと言われる洞窟があります。



なぜ階段が108段なのか?なぜその上に神秘の洞窟があるのか?ここも物凄いパワーを感じて琉球を開いてくれた男女二神に感謝しながらウォーキングを続けました。その後は心臓破りの上り坂600メートルで島の頂上を通過し、島の西側の浜集落に入りました。



頂上から坂を真っ直ぐ下ると浜比嘉ビーチにたどり着き島を一周して浜比嘉大橋に戻って来ました。そして再び1430メートルの橋を渡り私の車が待つ駐車場に戻りウォーキングは無事に終了!9.4キロのコースでしたが寄り道や道草を食いながらウォーキングをしたので、10キロの道のりを2時間少々掛けて観光ウォーキングを楽しみました!


帰宅するとゴマちゃんは私に向かって何やらミャーミャー鳴き叫んでいました。もしかして浜比嘉島でアマミチューとシルミチューから何かのパワーを貰ったのかもしれませんね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


ペット(猫)ランキングへ

ブログサークル

ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。