withゴマちゃんon沖縄

里親として見事な富士額が特徴のゴマちゃんを迎え入れました。ゴマちゃんの成長や生活を記していきます。取得する「キャットケアスペシャリスト」と「キャットシッター」の猫専門資格と共に、ゴマちゃんと今後どんなドラマが待ち受けているでしょう!

賛否両論「さくら猫」


昨日ウォーキングをしていたら前方から一匹の猫がゆっくり歩いて来ました。私は挨拶しようと近付くと右耳の先端がV字にカットされていました。これは間違いなく「さくら猫」です。皆さん「さくら猫」を知っていますか?


V字にカットされた形が桜の花びらの形に似ている事から付けられた名前です。殺処分ゼロを目標として活動する動物団体が野良猫を捕獲し、無料で避妊去勢手術をして、捕獲した場所にリリースする、いわゆる「TNR」と言う活動です。T(Trap/捕獲)N(Neuter/避妊去勢手術)R(Return/リリース)の頭文字です。



この活動には賛否両論あり私も賛成できない点がいくつかあります。まず捕獲して避妊去勢手術を無料で施す活動には大賛成です!しかし手術をした印として耳の先端をV字にカットする必要性が唯一の選択肢ではないと感じます。さらに、せっかく捕獲という形で保護されて避妊去勢手術までされたのに、何故か捕獲地に返してしまう…


この団体はTNRにより将来的に野良猫の数が減り殺処分の数も減ると確信しているようですが、私が昨日見た「さくら猫」は間違いなく野良猫です。民家の庭で臭いオシッコやウンコしたり、家庭菜園で栽培中の野菜や果物に被害を与えたりします。野良猫はお腹が空けばゴミ箱やゴミ袋を荒らします。心無い人間から虐待を受けたり交通事故で大怪我したり死亡する事も考えられます。



昨日の「さくら猫」の野良猫もいつか保健所に引き取られて殺処分される可能性があるのです。さらに、ゴマちゃんが保護された動物保護施設のシェルターにも「さくら猫」がいます。運良くシェルターに保護されていなければ、この「さくら猫」も結果的には殺処分に…


実際にこんなに身近な場所で「さくら猫」の命が紙一重である現状に私はTNR団体の活動に疑問を感じます。正直言って動物の「殺処分ゼロ」は決して簡単な事ではありません。しかし動物にも人間にも一番大切なのは愛情を持って一緒に暮らす事です。里親になるには避妊去勢手術が大前提になりますので、手術後は一生涯に渡り面倒を見る責任があります。



結局のところ我々人間が変わらなければ動物の「殺処分ゼロ」の目標は果たされないのでしょう…私はゴマちゃんという殺処分から免れて保護された1つの命を輝かせてあげる事が「殺処分ゼロ」の小さな1つのピースである事だと認識して、ゴマちゃんに愛情を注いでゴマちゃんが生きている幸せを感じながら一緒に暮らして行きます!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


ペット(猫)ランキングへ

ブログサークル

ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。