withゴマちゃんon沖縄

里親として見事な富士額が特徴のゴマちゃんを迎え入れました。ゴマちゃんの成長や生活を記していきます。取得する「キャットケアスペシャリスト」と「キャットシッター」の猫専門資格と共に、ゴマちゃんと今後どんなドラマが待ち受けているでしょう!

動物好きに悪人なし


今年も残り10日になり私はまだまだ今年やり残している事が沢山あります。大掃除の第二弾も残っているのですが、それ以上に大切な物がありこれをやらなければ年越しは出来ません。それは動物保護施設ケルビムの「猫の部屋」にキャットフードを寄付する事です。


今年は4月13日に「猫の部屋」からゴマちゃんを里親として迎い入れて新生活を始めました。ケルビムの保護が無ければ現在の私の心豊かな生活はありません。以前も「猫の部屋」にはキャットフードの寄付をしましたがNPO法人のケルビムは動物を心から愛する人々の寄付で成り立っています。まさに「動物好きに悪人なし」ですね!



そうして集まった寄付の物資により保護猫達は命を繋ぎ近い将来に里親として卒業する日を心待ちにしているのです。私達人間がクリスマスを祝うのならば猫達だってクリスマスを祝っても良いはず、人間の子供達がクリスマスプレゼントを貰うのならば猫達だってプレゼントを貰うべきですよね!ちょうど私は24日のクリスマスイブと25日のクリスマスが2連休なので寄付をするのに最適なタイミングです。


沖縄本島うるま市にケルビムの犬猫保護施設「アニマルガーデン」があり犬70頭と猫360頭が保護されています。これは沖縄のメディアが絶対に県民に伝えない事ですが、アニマルガーデンを運営にあたり施設の建設や維持管理を近所のアメリカ軍キャンプの米兵達がボランティアで手伝っているのです。米兵の家族も積極的に保護犬猫を里親として受け入れて沖縄で殺処分される動物達の数を確実に減らしています。



アメリカ人のボランティア精神は素晴らしく、沖縄市に新しく人間の子供達を保護する施設が出来ました。母子家庭の子供達や貧困に苦しむ子供達に無料で食事を与えたり勉強を教えたりします。寄付される食事もハロウィンやクリスマスのイベントも全て米軍のアメリカ人が寄付してボランティアとして活躍しています!まあ、これも沖縄のメディアは絶対に報道しませんが…


動物を愛する心も貧困に苦しむ人間の子供達を助けるボランティア精神も根本的に同じで、心が豊かでなければ決して出来ない行動です。今年は私にとっても動物達に囲まれた一年で、牧場の与那国馬のルパ、猫のトム、犬のジョナ、他にもヤギやニワトリ、そして愛猫のゴマちゃんとの生活の中で動物達から本当に沢山の大切な物を学びましたし、去年に比べて私の心は豊かに潤っています。来年もこの先も動物を愛する心を養い続けて、精神に余裕を持った人生を歩んで行きたいですね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


ペット(猫)ランキングへ

ブログサークル

ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。