withゴマちゃんon沖縄

里親として見事な富士額が特徴のゴマちゃんを迎え入れました。ゴマちゃんの成長や生活を記していきます。取得する「キャットケアスペシャリスト」と「キャットシッター」の猫専門資格と共に、ゴマちゃんと今後どんなドラマが待ち受けているでしょう!

ジャネー洞のハチワレ猫 (後編)


鍾乳洞の内部には沖縄の言葉でウガンジュ(拝む場所)があり、信者により神が祀られている事が分かります。この無人島である藪地島のジャネー洞には私以外に人間は居なく、その他にはハチワレ猫とジャネー洞の神様、あとは先ほど勢いよく飛び出したコウモリと、何処かに潜むハブ…



鍾乳洞から表に出ると薄暗い森の奥地に明るい光を見つけました!その光を求めて歩き進むと深い森を抜けて海が広がっていました!海に出た眩しさと静かな波の音、太陽の暑さを感じて一気に雰囲気が変貌しました。綺麗な海水が優しく私を迎えてくれて、私は時間を忘れて海辺に佇んでいたのです。



無人島のビーチにはヤドカリが沢山生息し平和な雰囲気に包まれて、私は貝殻を探しながら島の先端をゆっくりゆっくり探索しながら休日を満喫していました。まさに私の狙い通りで今回は観光客が決して来ない隠れスポットを大発見できて感動しましたね。すると潮が引いた干潟にこんな生物を発見!



ハリセンボンです!美ら海水族館で見た事がありますが、ビーチで実際にハリセンボンを見たのは生まれて初めての体験ですね!一応、私はハリセンボンには触れませんでした。ハリセンボンはフグの仲間、もし針が刺さって怪我をしても、そこは無人島!人の助けを呼べない島では無理をしない方が賢明ですよね…



ジャネー洞から入り口に戻ると門番のハチワレ猫は仲間のサビ猫と戯れていましたよ!無人島のハチワレ猫にちゃんと仲間がいてくれて良かった良かった!「猫は家に着く」と言われる様にハチワレ猫もサビ猫もジャネー洞が彼らのお家です、しっかりと門番の役目をしてジャネー洞を守って欲しいです!次に私がジャネー洞に行ったらちゃんと出迎えて欲しいな…



帰宅したらゴマちゃんがまったりと猫ベッドに佇んでいました!「やはりゴマちゃんは可愛いな〜」と携帯のカメラを向けたらアクビで応えてくれました!実はこの後にゴマちゃんは私に急にベタベタし始めて「ミャーミャー!」いつもとは違う鳴き方で何かを見つめていました。もしかしてジャネー洞で「何か」が私に取り付いて来たのかな?まさかっ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お金がたまるポイントサイトモッピー


ペット(猫)ランキングへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。