withゴマちゃんon沖縄

里親として見事な富士額が特徴のゴマちゃんを迎え入れました。ゴマちゃんの成長や生活を記していきます。取得する「キャットケアスペシャリスト」と「キャットシッター」の猫専門資格と共に、ゴマちゃんと今後どんなドラマが待ち受けているでしょう!

鼻怪我、回復へ向かう


ゴマちゃんの鼻の怪我に回復の兆しが見えはじめました!月曜日の夜に帰宅した時に気付いたゴマちゃんの左鼻の傷を火曜日の1日様子を見ました。水曜日の早朝にはかなり腫れていて鼻水が固まって左の鼻穴を完全に塞いでしまいました。私はその時点でゴマちゃんを動物病院に連れて行きました。


獣医師は傷を見て体温を計りウィルス感染していない事を確認すると「大丈夫ですね、治りますよ!」と点鼻薬を処方してもらい、一安心して帰宅しました。その日から木曜日、金曜日と点鼻薬を点してきましたがゴマちゃんの傷の腫れはなかなか治らなく、鼻水でジュクジュクしていました。1日でも早い完治を待ち望む私にとって怪我から4日経っても腫れが引かない状態に正直焦りました…



ゴマちゃん可哀想に…これは昨日の昼の時点のゴマちゃんです。傷口がゴツゴツして痛々しく、腫れて鼻穴を塞ぎ呼吸し辛い苦しさを感じます。最近私は職場にいてもゴマちゃんの傷ばかり気になり、早く帰宅してゴマちゃんを抱きしめたり撫でてあげたりしてゴマちゃんを落ち着かせたい気持ちでソワソワしていました。


今朝私は久しぶりにゴマちゃんに起こされました。ゴマちゃんはゴロゴロ喉を鳴らしながら私の顔に鼻息を吹きかけていました。その鼻息が何時もよりも勢いが強かったので私は飛び起きてゴマちゃんの鼻の状態を確認しました。すると確実に腫れが小さくなっていて左の鼻穴も貫通していました!昨日までゴマちゃんの鼻は正面から見て”T”の字が認識出来ませんでしたが、今朝になって猫鼻の”T”の字に近づいてきました。



ちなみに、この写真は怪我をする1日前の日曜日の夜のゴマちゃんです。一体何が原因でゴマちゃんは鼻に傷を負ったかは不明ですが、早くゴマちゃんの鼻が元通りに完治して欲しいです。一時はゴマちゃんの腫れ上がった傷がこのまま悪性腫瘍にならないか?など余計な心配をしましたが、ゴマちゃんの食欲旺盛と適度な運動もする健康体である事、毛艶がよく体重減も無し、さらに鼻の傷口が全く臭わず鼻水も無色透明である事から傷は治ると信じていました。


今後も完全に治るまでは点鼻薬を継続して行きます。そして傷が完治したら動物病院にゴマちゃんを連れて行き、今度は年に一度のワクチン注射を打って貰います。先日加入した「あにまる健康倶楽部」の会員は無料でワクチン注射を受けられるので助かります。今回はゴマちゃんの怪我の介抱を通じて更に私とゴマちゃんの距離が親密になった気がしますし、点鼻薬の袋に記載された「横川ゴマちゃん」という名前を見ると、私とゴマちゃんは「家族なんだな〜」と実感して嬉しい気持ちになりますね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


ペット(猫)ランキングへ

ブログサークル

ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。